白い歯の被せ物|歯の白い詰め物被せ物情報サイト

歯の白い詰め物なら白金高輪の白金しらゆり歯科

0357893600 【受付】10:00~20:00(祝日休診)

24時間ネット受付

白い歯の被せ物

白い歯の被せ物

「銀歯が気になって、人前で大きな口を開けて笑えない…」そんな経験はありませんか?
笑顔がなくなっていくと、自然と気持ちも落ち込んでしまいます。毎日が明るく楽しく過ごせるよう、気になる銀歯を白い歯に変えてみてはいかがでしょうか。

オールセラミッククラウン

  • オールセラミッククラウン
  • オールセラミッククラウン
  • オールセラミッククラウン
  • オールセラミッククラウン

金属をまったく使用していない、完全なセラミック製の被せ物です。

オールセラミッククラウンのメリットデメリット

メリット

合成樹脂を含まないため、変色することなくいつまでも自然な白さが維持します。非常に審美性にすぐれた被せ物です。

デメリット

セラミック素材は強い力に弱いため、歯に力がかかると割れてしまうことがあります。そのため当院では、患者さまひとりひとりの噛み合わせなどをよく考慮し、強い力がかかる部分には、オールセラミッククラウンは使用しません。

料金

オールセラミッククラウン 100,000~180,000円

ジルコニアセラミッククラウン

  • ジルコニアセラミッククラウン
  • ジルコニアセラミッククラウン

オールセラミックのなかのひとつ。フレームの材質にジルコニアを使用した被せ物です。

ジルコニアセラミッククラウンのメリットデメリット

メリット

セラミックのなかでは最も強度に優れた被せ物です。そのため、噛み合わせの力の強い人におすすめしています。当院では、それぞれの歯にかかる力を考慮し、たとえば噛み合わせが強く当たる部分はジルコニアを使用し、あまり当たらない部分はセラミックにするなど、臨機応変に対応しています。どの材質を使用しても価格は変わりませんので、材質のメリットとデメリットを詳しく説明し、使用する材質に関しては、こちらにお任せいただいております。

デメリット

フレームとして使用するジルコニアは非常に固いため、割れることはありませんが、その上に被せるセラミックは割れてしまうこともあります。すべてジルコニアで被せ物を作ることは可能ですが、自然な白さにはならないため、前歯などに使用すると、人工物的な違和感があります。

料金

ジルコニアセラミッククラウン 120,000~180,000円

ラミネートべニア

  • ラミネートべニア
  • ラミネートべニア
  • ラミネートべニア
  • ラミネートべニア

歯の表面を削り、薄いセラミック製の人工歯を貼り付ける治療法です。虫歯治療というよりも、歯の変色にお悩みの方、すきっ歯の方に適した治療法です。

ラミネートべニアのメリットデメリット

メリット

歯の表面を0.5ミリほど削るだけなので、削る量が少なく歯に負担をかけません。歯につけ爪のようなシェルを貼りつける治療法なので、手軽かつ短時間で治療が完了します。
シェルはオーダーメイドのものを使用。白さ、サイズも、患者様のご希望に合わせることが可能です。

デメリット

あまり強い接着剤が使えないため、まれに剥がれてしまうことがあります。一度剥がれてしまった場合、新たに作り直す必要があります。
削る際、また接着する際には、高度なテクニックが必要な治療法です。当院の場合は、マニュアルに沿った丁寧な治療を行っておりますので、安心してお任せください。

料金

ラミネートべニア 150,000~180,000円

お問い合わせ、ご予約は
こちらからどうぞ

0357893600
【受付】10:00~20:00(祝日休診)

診療時間
について

平日10:00~13:00 / 14:30~20:00

土日 10:00~13:00 / 14:30~17:00

ページトップへ