白い歯の詰め物|歯の白い詰め物被せ物情報サイト

歯の白い詰め物なら白金高輪の白金しらゆり歯科

0357893600 【受付】10:00~20:00(祝日休診)

24時間ネット受付

白い歯の詰め物

白い歯の詰め物

歯の詰め物が銀歯だったり黄ばんでいたり黒ずんでいたりすると、人と話をしている時など気になったりしませんか?
白い歯はステキな笑顔の第一歩。白い歯の詰め物にはどんな素材、特徴があるのかご紹介いたします。

コンポジットレジン

  • コンポジットレジン
  • コンポジットレジン

コンポレットレジンとは、虫歯の治療に使用される合成樹脂(プラスチック)です。虫歯になっている部分を削り、そこに直接コンポレットレジンを注入し、固める治療法です。

コンポジットレジンのメリットデメリット

メリット
  • 歯を削る部分が少なく、歯に負担をかけません。
  • 型を取る必要がないため、治療は1日、もしくは2日で完了します。
  • 金属ではなく歯の白さに近いプラスチック素材なので、見た目も自然です。
  • 前歯によく使用される治療法です。裏側から埋め込むので目立ちません。
  • 治療は保険適用ですので、治療費を抑えることもできます。
デメリット

初期の小さい虫歯に適した治療法なので、進行してしまった虫歯には使えません。
強度があまりないため、すべての歯に使える治療法ではありません。奥歯の治療にはほとんど使われません。
また、割れたり劣化することがあります。
2年ほど経つとは剥がれてしまうことがあるため、定期的にチェックを受けることが大切です。

料金

コンポジットレジン 保険適用

セラミックインレー

  • セラミックインレー
  • セラミックインレー
  • セラミックインレー
  • セラミックインレー

セラミックを詰め物として使用する治療法です。

セラミックインレーのメリットデメリット

メリット

セラミックは汚れがつきにくく、また長年使用しても色の変色がほとんどないため、ひじょうに審美性にすぐれた治療法です。
人工物ではありますが、本物の歯に性質がよく似ており、口腔内(歯茎など)によくなじみます。
金属ではないため、金属アレルギーの心配もありません。
40年ほど前から使用されている、安全性の高い治療法です。

デメリット

強い力に弱いため、歯を強くくいしばったり、噛み合わせが悪いと、割れてしまうことがあります。そのため当院では、セラミックではなく、ハイブリッドセラミックをおすすめしています。
※セラミックもハイブリッドセラミックも、当院の場合、同じ価格でご提供しております。

料金

セラミックインレー(小臼歯) 40,000~60,000円
セラミックインレー(大臼歯) 60,000~80,000円

ハイブリッドセラミックインレー

  • ハイブリッドセラミックインレー
  • ハイブリッドセラミックインレー

セラミックの一種ですが、より強度に富んだセラミック素材です。当院では、セラミックのインレー(詰め物)をご希望される患者様に対しては、セラミックではなくこちらのハイブリッドセラミックをおすすめしています。価格もセラミックと変わりません。

ハイブリッドセラミックインレーのメリットデメリット

メリット

従来のセラミックに比べると、強度が強いので、割れることはほとんどありません。

デメリット

セラミックに比べると、若干変色しやすい傾向があります。
技工に高い技術を要するため、メリットの割にはあまり普及していない治療法です。しかし、当院は非常に高い技巧技術を持つ技工士と連携して治療を行っておりますので、安心してお任せください。

料金

ハイブリッドセラミックインレー 40,000~80,000円

お問い合わせ、ご予約は
こちらからどうぞ

0357893600
【受付】10:00~20:00(祝日休診)

診療時間
について

平日10:00~13:00 / 14:30~20:00

土日 10:00~13:00 / 14:30~17:00

ページトップへ