詰め物・被せ物の種類|歯の白い詰め物被せ物情報サイト

歯の白い詰め物なら白金高輪の白金しらゆり歯科

0357893600 【受付】10:00~20:00(祝日休診)

24時間ネット受付

詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物といっても、様々な種類がございます。ここでは、歯医者で使用する詰め物・被せ物の種類をご紹介いたします。

銀歯

銀歯

その名の通り、素材に銀を使用した詰め物被せ物です。銀色のため、白い歯の中にあると目立ちます。
また、銀歯は自分の歯と直接くっついている訳ではなく、歯に銀歯をくっつけるためにセメントを使用しています。セメントは時間が経つにつれて徐々に溶けだしていきますので、隙間ができ、そこに細菌が入り込み、また虫歯になる(二次カリエス)ことがあります。

コンポジットレジン

コンポジットレジン

合成樹脂(プラスチック)素材の詰め物です。銀歯のように目立つことなく、自然な見た目となります。ただし、強度があまりないため、奥歯などの治療にはほとんど使われません。また、年数が経つにつれ、割れたり劣化することがあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、セラミックよりも強度のあるセラミック素材です。セラミックに比べると若干変色しやすい傾向がありますが、強度があるため、長く使用することができます。

ハイブリッドセラミックインレー

金歯

金歯

その名の通り、金(ゴールド)の歯です。金には純度(K24やK18など)がありますが、歯医者で使用する金は銀や銅、パラジウムなどの別の成分が含まれており、純度は75%程度です。金は詰め物被せ物の精度が高いため、ぴったりと合い、機能性に優れています。また、金は柔らかいため、使用すれば使用するほどフィットするという特徴もあります。
ただ、金なので値段が高い事、また銀歯と同じように白い歯の中にあると目立つというのがデメリットとしてあります。

アマルガム

アマルガム

正式名称は「歯科用水銀アマルガム」といいます。「水銀」という言葉があるように水銀が約50%、その他、銀、スズ、銅、亜鉛などを混ぜ合わせて作られた合金です。主に虫歯治療の詰め物や被せ物に使用されていました。今ではほとんど使用されていませんが、1990年頃までは日本の歯科治療の主流でした。
問題なのは、水銀が人体に悪影響を及ぼすこと。
1990年頃までに歯科治療を受けた覚えのある方は、もしかしたらアマルガムが口の中にあるかもしれません。気になる方は、歯医者さんに相談しましょう。

お問い合わせ、ご予約は
こちらからどうぞ

0357893600
【受付】10:00~20:00(祝日休診)

診療時間
について

平日10:00~13:00 / 14:30~20:00

土日 10:00~13:00 / 14:30~17:00

ページトップへ